| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

2008年02月19日 (火) | 編集 |
さきほど、ドーモ(朝日放送)で、【生命の尊厳を問うー命の行き先は】・・福岡市動物管理センターの取り組みを たまたま見てしまい、こんな時間の書き込みです。

 番組では、同センターに収容されている犬達の映像が映し出され、犬達は悲しい瞳で、カメラを見つめていました。この福岡市動物管理センターでは、年間4000とう以上の犬・猫達を、飼い主が見つからず処分してるといいます。

動物管理センターに収容された犬たちの抑留期間は、たった3日間です。
(7日~2週間位と思ってましたので、抑留期間わずか3日には驚きです)
72時間のうちに、飼い主があらわれるか、その後も、新しい譲渡先が見つからなければ殺されてしまいます。しかも安楽死ではなく二酸化炭素による窒息死。
職員の方は、麻酔を多く打って、せめて眠るように死なせてあげたいと言われていました。(処分数は日本全国だと日々約1000匹にもなります。)

そんな中で、同センター職員が犬たちの命を救おうと、インターネットで犬や猫の、迷い込み・行方不明・譲渡希望の情報を詳細に公開し、引き取り手を捜す活動を行っています。また、年間80とうあまりの子犬を保護し、しつけを行い新しい飼い主のもとへとおくり出しています。・・・、彼らが、救える精一杯の数字だと思います。

さて、ここで私に何が出来るのか?

安易に飼ったり、安易に繁殖させ、育てられなくなった飼い主さんは、保健所に持ち込む前に、飼い主としてその犬・猫を助ける為に最大限の努力をお願いします。

飼い主さんは、万が一迷子になったペットを探す場合、県内の動物管理センターに問い合わせをしてみましょう。(迷子札をつけておくと見つかる確立が高いです。)

犬や猫を飼いたい人は、動物管理センター・保健所へ問い合わせしてみましょう。
*ホームページを見ると、県によってセンターの取り組み方に違いがあります。

↓各都道府県のHP
■全国動物保護センター一覧

また、動物愛護に関する世論調査(平成15年7月調査)というものを発見したので参考に。
調査結果の概要
(3) 飼えなくなったペットの処置
(4) ペットの安楽死処分
は、考えさせられました。

関連ページ
madam_zoo  →こんな事が日本の現状なんです
NEWS ZERO →くらら@ゲンバ「ガス室にカメラが…ペット殺処分の現場」

スポンサーサイト
PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

テーマ:動物愛護
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。