| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

2010年04月17日 (土) | 編集 |
 犬猫処分の現状は知ってるが、うちのこで手一杯だょ~とお考えの人は多いと思います。出来れば現実には目を伏せておきたい。でもね・・少しでも私達で現実を変えられないかな?上映は限られているけど自主上映も募集中です。

「犬と猫と人間と」ストリー
 猫おばあちゃんこと稲葉恵子の「不幸な犬猫を減らしたい」という思いから、この映画は生まれました。
「ペット大国」日本の現状を調べると、ペットを家族の一員とする人々も多い反面、営利優先のペットショップは多く、無責任な飼い方や不法投棄も後を絶たない。結果として、日本全国で1日当たり1000匹近くの犬猫が処分されている。

 行政施設の犬猫処分の現状。引き取られた犬猫の大半は炭酸ガスで処分される。それでも、犬猫を持ち込む人間はひっきりなしにやって来る。柵の中には、とても人懐っこい犬や、目も開かぬような仔猫もいた。実際に目の当たりにすると、少なからずショックを覚える。
さらに動物愛護の世界に踏み込んでいく、そこには様々な出会いがあり、神奈川県動物愛護協会で保護されている、個性豊かな犬猫たち。人間の都合で猫たちの生殖を奪うことにジレンマを抱えながらも、野良猫の避妊去勢手術を続ける獣医たち。多摩川沿いの野良猫たちを長年写真に収め、世話を続ける夫婦。かつて「犬捨て山」と騒がれた場所に、今でも住み込んで犬の世話を続ける年配の男性と、彼を助ける学生グループ。お年玉をつぎ込んで、捨てられた子犬の世話をする小学生たち。

小さい命の切なさと、不幸な命を生み出す人間のエゴを浮き彫りにしつつも、カメラは、多くの犬猫たちと、それを懸命に救おうとする人間たちの姿を映し続ける―。映画「犬と猫と人間と」 オフィシャルサイト
eiga
□2010年4月10日(土)~ 兵庫県 宝塚シネ・ピピア TEL:0797-87-3565
□2010年5月 山形県 フォーラム山形 TEL:023-632-3220
□2010年6月19日(土)~ 三重県 伊勢・進富座 TEL:0596-28-2875
劇場での公開以外の自主上映・イベント上映などの情報は、こちら

スポンサーサイト
PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。