| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

2008年02月11日 (月) | 編集 |
 最近、ペットの腫瘍が増えています。腫瘍と一口に言っても良性、悪性があります。悪性の腫瘍が”癌”と呼ばれるのは、動物も人間も同じです。なぜ、腫瘍が増えてきたか、というと犬猫の寿命が延びたからです。20年前は犬猫の寿命は10年といわれていました。しかし、近年いろいろな予防がなされ、食べ物も良質の犬猫専用フードが販売されています。
このような理由などから高齢になるにつれ、癌の発生のリスクが高くなります。犬猫の腫瘍は人間と同様に様々です。リンパ肉腫、乳腺腫瘍、肥満細胞種、骨肉腫など、症状も様々ですが、人間とほぼ変わりません。
治療法も人間同様に外科手術、抗ガン剤、放射線治療などがあります。
しかし、犬の癌は、若齢犬でも発生します。(骨肉腫、横紋筋肉腫など)若齢での癌は、進行も早い傾向があります。
特に、中~高齢になったら、「がん年齢」であることを意識し、半年に1度以上の、血液検査、尿検査、エコー検査などの定期検査をしましょう。

癌にかかりやすい犬種-ゴールデン、ボクサー、シェパード36.7%、ラブラドール等。

犬・猫-去勢・避妊での癌予防
避妊・去勢は、犬猫共に、発生率の大変高い、幾つかのがんの大きな予防になります。
がんの怖さを知り、予防できるがんがあるのなら、防いであげる配慮をされることは重要なことです。
スポンサーサイト
PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

2008年02月09日 (土) | 編集 |
犬や猫は高齢化と共に、がんにかかる可能性が非常に高くなります。
人間と違いさほど痛みは、感じない為、半年~年1回の健康診断を行うことをお勧めします。

中日スポーツ
犬猫にもがんのPET診断 放射性物質使用へ規則改正
 農林水産省は2日までに、人間ではがんの早期発見の手段になっている陽電子放射断層撮影装置(PET)による診断を、犬と猫にも実施可能にする方針を決めた。5月までに、必要な放射性の医薬品が使えるよう獣医療法の施行規則を改正する。

 PETを使ったがん検診を受けるには、少なくとも10万円近くかかるとみられるが、ペットが身近になるにつれて人間同様の高度医療の適用を求める声が高まっているのを受けた措置。ワクチンなどの普及で感染症が減り、ペットが長生きになってがんが増えていることも背景にある。

 これまで犬、猫のPETによる検査は、放射性物質を使う法的な根拠がないため獣医療界が自制していたが、文部科学省の放射線審議会が先月、動物の種類や入院期間などに条件を付けて認める答申をした。

 答申は、放射性物質のフッ素18をがんの標識薬とするPETの診断を犬、猫で容認。周囲の人間の被ばくを考慮し、標識薬の投与後、24時間は退院させないとした。
PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

テーマ:ペットあつまれぇ~
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。