| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

2010年04月14日 (水) | 編集 |
「ペット総研」愛猫の健康に関するアンケート調査によると、動物病院を利用するのは、愛猫がケガをしたり病気にかかった場合のみと回答した人がもっとも多く、逆に予防接種や健康診断などの予防医療のために動物病院を訪れる人は3割に留まった。また、混合ワクチンの接種率に関しては、4割を超えるオーナーが昨年は接種していないと回答し、また、一度もワクチンを接種させたことがないオーナーも、5人に1人の割合でいることがわかった。

猫オーナーは犬オーナーに比べ、比較的病院を利用せずに健康管理を行っているケースが多いという。

 現在愛猫が抱えている疾患に関する問いでは、大多数が「特になし」と回答した一方で、何かしら疾患を持っている場合は「泌尿器系疾患」がもっとも多く、具体的には「尿路結石」「膀胱炎」「腎疾患」などがあげられた。

 「ペット総研」は今回の結果について、猫オーナーが動物病院をあまり積極的に利用しない背景には、完全室内飼いで病気にかかりにくい環境で飼育されている猫が増えていることや、愛猫の病院嫌いが原因で疎遠になりがちなのではないかと分析する一方、慢性化しやすい泌尿器系疾患の予防対策には日ごろの健康チェックのほかに、中・高齢期以降は定期的に健康診断を行うことが大切だと注意を促している。
スポンサーサイト
PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
2008年03月29日 (土) | 編集 |
このところ、市販のペットフードでは、安心出来ないと、手作りフードへの関心が高まってきているようですが、このペットの食事で、ペットフードメーカーのアイムスが、犬や猫のオーナー300人を対象に「愛犬・愛猫の食事と健康に関する意識・知識調査」を実施、調査結果を発表しています。

<調査結果>
96%の飼い主は「ペットに正しい食事を与えたい」と答え、人間の食への関心度69.5%をはるかに上回っています。しかし正しい食事を実践している自信があるか?の回答では、
「自信がある」52.3%
「自信がない」47.7%
(4割以上の飼い主が自信を持てない現状。)

*自信がない理由は?
「何が正しい情報か分からないから」44.0%、
「愛犬・愛猫の食事や栄養学についてあまり知識がないから」40.8%
と、情報不足によるものが圧倒的でした。

また、人間用の食材はペットにとって過剰な栄養や毒素になる場合もあるが、飼い主の39%が「人間の食事を実際に与えた経験がある」と回答しています。

アイムスでは、知識がないペットオーナーの苦しい現状が浮き彫りになった、と分析。
「まずペットフードのパッケージをよく読み、年齢や体型がフードと合っているか、栄養学的な配慮や原材料の選定がなされているか、きちんと判断することが大切」とコメントしています。

ペットフードの表示内容は、メーカーによって随分違いがあります。ご注意ください。
PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
2008年02月27日 (水) | 編集 |
ペットフードメーカーなど、66社で組織するペットフード工業会では、平成19年度全国犬猫飼育率調査を行い、その結果を平成20年1月21日に公表しています。

 《調査概要》
*対象:全国の16~69歳の2人以上世帯の女性および単身者の男女 
*調査方法:Web調査 *時期:平成19年10月 *回収数:4,666サンプル(人)

 《調査結果》
飼育所帯率は犬18.9%(昨年度19.2%)、猫14.4%(同:14.7%)。
 飼育所帯率から推計される飼育頭数は、犬が1,252万2千頭、猫は1,300万4千頭で、犬・猫合計では2,552万6千頭。
ペットの高齢化が更に進む(犬猫共に4頭に1頭が10歳以上)
 一般に高齢期と言われている7歳以上の犬が51.0%、猫が45.8%を占め、その中でも更に、犬全体の29.0%が10歳以上、猫全体の28.3%が10歳以上。高齢化の原因としては、年齢や犬種別、素材や栄養にこだわったペットフードの開発や獣医療の進化、室内飼いの増加などが考えられるとのこと。
ペットフード購入時の最重要項目は“栄養成分”
 給餌などに必要な情報を商品パッケージそのものから得ていることが判明し、ペットフードにおいても表示事項への関心の高さが窺われました。
犬猫は肥満傾向に(犬猫も食事や運動による対策が必要)
 室内飼いが主流となっている中で運動不足になるペットも多いと考えられ、こういった現状を踏まえ、最近ではヘルシー志向のペットフードも活性化してきています。
ペットフード工業会犬猫飼育率全国調査・ペットフード流通量調査
PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット
2008年02月04日 (月) | 編集 |
ペットの費用、年間10万円以上が約半数
アニコムがペット費用に関してのアンケート調査実施。

 アニコム損害保険株式会社(東京都新宿区、代表:小森伸昭)が、ペットにかかる費用に関してのアンケート調査を行った。

~アニコムアンケート調査結果~2008年1月30日

調査の結果では、約半数の飼い主が年間10万円以上をペットのためにかけているということが分かった。
最も費用がかかる項目は、
1位が「フード、おやつ代(45.9%)」、
2位「病気、ケガの治療費(13.7%)」、
3位「カット、トリミング代(13.0%)」、
次に「ワクチンなどの予防費用」「ペット保険料」などが続いた。

 小型犬人気や犬猫の室内飼育の増加から、ペットと飼い主の距離感が変化し「場所とえさだけを与える“飼育”」ではなく、快適な生活環境を確保し、健康管理を行うなど「家族の一員として一緒に“暮らしている”」飼い主が増加している結果といえるのでは。

 また、「病気の治療費や予防費に予想以上の費用がかかる」という声も多く聞かれ、新しい家族としてペットを迎える際には、飼い主の責任として、費用面についても十分に考慮してほしいと述べている。

アニコム損害保険株式会社
PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

テーマ:ねこ大好き
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。