| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

2008年02月11日 (月) | 編集 |
 最近、ペットの腫瘍が増えています。腫瘍と一口に言っても良性、悪性があります。悪性の腫瘍が”癌”と呼ばれるのは、動物も人間も同じです。なぜ、腫瘍が増えてきたか、というと犬猫の寿命が延びたからです。20年前は犬猫の寿命は10年といわれていました。しかし、近年いろいろな予防がなされ、食べ物も良質の犬猫専用フードが販売されています。
このような理由などから高齢になるにつれ、癌の発生のリスクが高くなります。犬猫の腫瘍は人間と同様に様々です。リンパ肉腫、乳腺腫瘍、肥満細胞種、骨肉腫など、症状も様々ですが、人間とほぼ変わりません。
治療法も人間同様に外科手術、抗ガン剤、放射線治療などがあります。
しかし、犬の癌は、若齢犬でも発生します。(骨肉腫、横紋筋肉腫など)若齢での癌は、進行も早い傾向があります。
特に、中~高齢になったら、「がん年齢」であることを意識し、半年に1度以上の、血液検査、尿検査、エコー検査などの定期検査をしましょう。

癌にかかりやすい犬種-ゴールデン、ボクサー、シェパード36.7%、ラブラドール等。

犬・猫-去勢・避妊での癌予防
避妊・去勢は、犬猫共に、発生率の大変高い、幾つかのがんの大きな予防になります。
がんの怖さを知り、予防できるがんがあるのなら、防いであげる配慮をされることは重要なことです。





PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。