| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

2008年02月14日 (木) | 編集 |
 2007年のアニコムクラブ(東京都新宿区 理事長 武村俊治)猫の死亡原因について調査結果をみると、猫の場合感染症が、全体の2割を閉めて一位でした。
感染症を防ぐには、部屋で飼育するのが望ましいのですが、猫にとってはどうでしょうね?
飼い主さんには難しい選択の一つです。

次に猫の「事故」の占める割合が高く、二位となってます。
猫の「事故」の多くは、交通事故および高い所からの落下によるものです。

 獣医療の発達、飼い主のペットの健康に関する意識の高まりから猫の長寿化が進み、癌による死亡が増えた反面、飼い主の不注意による事故での死亡が依然として多いことから、再度、飼い主の責任を見つめ直す必要がありますね。

猫の死亡原因
感染症 20.9%
事故 11.6%
泌尿器疾患 9.5%
循環器疾患 8.3%
悪性腫瘍(癌) 6.9%
呼吸器疾患 3.6%
肝疾患 3.0%
消化器疾患 2.4%
神経疾患 1.5%
内分泌疾患(糖尿病) 1.5%
その他・不明 30.8%

*犬の死亡原因→ 悪性腫瘍(癌) 13.2% ・事故 12.6%・ 感染症 8.2%

>> 猫の死亡原因:犬猫の死亡原因・交通事故が依然として2番目に 





PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

テーマ:
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。