| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

2008年02月11日 (月) | 編集 |
猫エイズ-(猫免疫不全ウイルス感染症(FIV))
 猫も人間と同じ様に、外部から体内に侵入する病原体や毒物から自分の体を守る「免疫」という仕組みを生まれながらにして備えています。
しかし、エイズウイルスに感染して猫エイズが発症すると、人間のエイズと同様免疫がきちんと働かなくなり(免疫不全)、体の抵抗力が弱まります。その為に様々な二次的な病気にかかりやすくなります。

猫エイズの予防法は?】
室内で飼う
 この病気は接触感染のみで伝播していくのでエイズウィルスに感染した猫と接触させないことです。、日本の外猫の猫エイズ感染率は10%を超えているそうです。飼い主さんは「外に出したら感染してしまう」と思うくらいの気持ちを持ちましょう。外猫の平均寿命は5~6歳で、この短命の大きな理由の一つとして猫エイズがあると言われているほどなのです。
猫エイズ検査で確認
 この病気に感染しているかどうかは感染後2週間以上経てば血液検査で簡単にわかりますので、猫を拾ってきたり、飼い猫でも外で怪我をしてきて心配な場合は猫エイズ検査を受けたほうがよいでしょう。
猫白血病ウィルス感染症予防ワクチンの接種
 猫エイズウィルス感染症のほかにもう一つ免疫力を弱める感染症に「猫白血病ウィルス感染症」があります。この2つの病気両方にかかってしまうと、感染した猫の免疫力の低下は単独の感染に比べて早く激烈に起こることが知られています。
幸いなことに、猫白血病ウィルスはワクチンで予防できるため、この病気からネコちゃんを守るためにもエイズウィルスとの混合感染で病気を進行させないためにも、ワクチン接種は必須です。

猫エイズにかかってしまったら?】
 自分の家の猫が感染してしまったとしても、それ以降は絶対に外へ出さないようにしましょう。たとえ無症状の時期であってもウィルスは体の中に潜んでいるので、その子が感染源となり他の猫と接触することにより、病気が広がっていく可能性があるからです。
たとえ感染してしまったとしても、発症さえしなければ長期にわたって生きることができるのです。一日でも長くその猫と楽しい日々を過ごすために、「長生きさせたい」という飼い主さんの気持ちと行動がとても大事なことなのです。

猫エイズの症状





PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。