| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

2008年02月03日 (日) | 編集 |
 平成18年9月、ひろしまドッグぱーくでは、管理者による杜撰な飼育により400頭以上に及ぶ犬が飼育放棄という虐待を受けており、大阪市の動物保護団体アークエンジェルズが、その保護救済活動に入りました。 しかし、アークエンジェルズは、その活動当初から、マスコミやインターネットを駆使し全国から多くの支援金と物資を集めたものの、その収支報告を明らかにせず、犬の医療費が足りないとHP上で訴え続けながら、その医療費にはほとんど使われませんでした。集めたお金はいったいどこへ消えたのでしょうか?

ニュースサイトを覗くとアークエンジェルズの林代表は、確かに胡散臭いのですが、40頭もの犬を死なせてきたのはひろしまドッグぱーくの大前氏であり、その命を救ったのはアークエンジェルズであることは事実です。アークエンジェルズが乗り込むのがもう少し遅かったなら約400頭の犬すべてが餓死していたとわたしは思います。

アークエンジェルズがひろしまドッグぱーくに乗り込んだときは、純粋に犬を助けるためだったはずです。寄付金でシェルターを作るという発想は、ほんとうにすごいな~と思いましたョ。

しかし、多額の寄付が集まると・・・・

透明性の確保は絶対的条件!

<疑問点>
○医療費が足りないと多額の寄付金を受けながら、ほとんど医療費に使われることがなかった。
○大量の援助物資も使われることがなかった。
○納得のできる会計報告をきちんとしなかった。
○ドッグパークの土地を譲渡するように地主を脅迫したと思われている。(この件は証拠不十分で不起訴になったようです)

アークエンジェルズ 公式サイト

アークエンジェルズ代表ブログ→ずばり一言!


ひろしまドッグパーク原告の会
●ひろしまドッグぱーく事件のフローチャート 
●広島DP事件からのアーク・エンジェルズの記録年表





PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

テーマ:里親探し
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。