| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

2008年02月20日 (水) | 編集 |
今回は、ボストンテリアの「そら」と危険なサーファーの記録を拝見し、記事を書きます。

犬はアートとして餓死する迄を展示されました。
この忌まわしいアート展が行われたのは、2007年8月のニカラグア。
ブログ記事→腐った人間中には、3枚の写真が載せられています。
その中の一枚に行きかう人々の様子が写っていますが、不思議なことにみなさん無関心。国がいくら違うとはいえ、もう怒りを通り越して涙が出てきます。

さらに、恐ろしいことに、このアート、好評だったので、
次のアート展に展示する犬を探しているという点、これがアートで、好評・・?
このことが事実ならば同じ人間として、大変遺憾です。


ボイコットの署名(以下 腐った人間より転記)
 ボイコットの署名の御協力・HPへのご掲載をお願い致します。
署名は現在40万位で、この作家が世界のアート展に同国から代表に選ばれて参加する事をボイコットしたいと言う署名です。

あれが好評???だったので、現在次の犬を探しているそうです。
現在海外の団体にも、《生体をアートに使用しない為の国際規定》を作ってもらう嘆願書と呼びかけ及び署名用紙作製をお願いしています。

世界中からのオンライン署名を集めれば世論も動くのではないでしょうか。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
--------------------------------------------------------
署名の詳細は→腐った人間

*REALTOKYO179:犬と鼠では、
(署名保留の部分引用)
 40万に迫ろうかという署名が集まっているが、ニカラグアの『Snopes.com』紙が、「ギャラリーのディレクターは『犬は実際には十分に餌を与えられていて、飢えにせよ他のいかなる理由にせよ死んではいず、夜の間に画廊から逃げ出した』と主張している」と報じている。『Snopes.com』はこの報道をもって、犬が死に至らしめられたかどうかの真偽は「確定できない」と判断を保留している。とあります。

いろいろな情報ネットで飛びかってますが、
確認されている点
コスタリカ出身のアーティストGuillermo Vargasがニカラグアのマナグアにて犬の生体展示をおこなった。(画像もあることからも明らか。)
不明な点
関係者の発言とのくいちがい
・生体展示自体は一日3時間だけだったか?
・えさは定期的に与えられていたのか?
・犬は夜の間に画廊から逃げ出したのか? 
・犬の生死は?
*いずれも関係者しか真実を知りません。





PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。