| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

2010年04月15日 (木) | 編集 |
泌尿器系疾患」実は私の友人のねこも尿道結石(泌尿器系疾患)にかかり手術しましたが、助かりませんでした。
友人の話によると猫の泌尿器系疾患は高齢になるほどかかりやすく死亡率も高くなるそうです。

原因
尿道を砂粒・結石が栓塞し、それが原因で排尿障害を引き起こします。
よく乾燥したキャットフードはこの病気を引き起こし、缶詰なら大丈夫と思われている方が多いですが、猫の体質にもよるようです。

症状
頻尿・血尿・排尿困難・尿道閉塞などがあります。

予防
・処方食の給餌
 様々なメーカーからその状況に合わせた病院用処方食が用意されています。獣医師の指示により、病状に適した 処方食 を与えてください。
・清潔で新鮮な水をいつでも飲めるようにしておく。
・適度な運動と肥満の防止。
・ストレスから猫を守る。
・いつでも気持ちよく排尿できるように、トイレはいつも清潔にしておく。
・食生活の改善
 処方食を与えることは勿論のことですが、食餌の与え方も大いに関与しています。よく、猫ちゃんの飼い主さんは、フードを出しっぱなしにしますが、これが大きな間違いです。フードを出したままにしますと、猫は少し空腹になるとすぐに食べてしまいます。そうしますと、猫ちゃんのお腹は、常に腹8分目の状態となります。この状態になりますと、尿はアルカリ性を示し、細菌の繁殖を促し、膀胱炎を引き起こしたり、またマグネシウムを核として砂粒・結石を作りやすくなります。逆に空腹の時間を作ってやると、尿が酸性を示し、細菌の繁殖を抑制し、砂粒・結石を予防しますので、食餌の時間を1日1または2回と決め、与えることが必要だと思います。
猫の【下部尿路】療法食まとめ
[ロイヤルカナン] pHコントロール2

一度かかるとなかなか治らない「泌尿器系」の病気、まずは定期的に動物病院での健康診断を!





PR)≪アイペット≫業界最安値のペット保険が登場!

にほんブログ村 猫ブログへ

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。